三重県四日市のインド料理屋


by EverestR
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Very Hot Man

エベレスト四日市店、オープンから8か月がたちました。
お陰様で、毎日賑やかに、楽しく営業させていただいております。003.gif

特にランチタイムは毎日たくさんの方にご来店いただいているので、
通常のテーブル席だけでは間に合わず、
カウンター席にもお客様に座っていただいております。

んがっ、エベレストのカウンター席には「席番」が付いてないんです。
なので、いつもカウンターに複数のお客様が座ると、
どの伝票がどのお客様のものなのか、訳が分からなくなってしまうことがあります。

なので、カウンター席のお客様の伝票には
「右端」「真ん中」「男性」「女性」などとメモ書きをしているのですが・・・。
(さっさと席番決めればいいじゃん!って話ですが、インド人とネパール人の店なので・・・笑)

四日市店には本当に沢山の「常連さん」についていただいてます。
その中の一人、某国ご出身の白人男性。(以下Vさん)
四日市店オープン2日目に初来店。
以来、3日目、4日目と3日連続で来て下さいました。
それ以降も、週に最低2回は毎週ランチに来てくださってます。

こんなに頻繁に来てくださってるのに、ムツミも誰も、Vさんのお名前をお伺いしてません。
なんとなく、お伺いしないままこんなに時間が経ってしまったので、
今更、お伺いするのも変な感じで・・・。

でも、毎回、ご来店の際にはいろんな世間話をしたりして仲良くしていただいてるんですよ(笑)

このVさん、初来店のときのカレーの辛さは「very hot」。
だけど、お出ししたカレーの辛さでは満足していただけなかったようで
「次からはもっともっと辛くしてね!」とおっしゃってました。

で、2回目のご来店の時はもっと辛くしてお出ししたのですが
「まだまだ辛くしていいよ!veryyyyyyy hot!!!にして」と。

なので、ラズさん、ラムさん、ムツミの間で、いつしかVさんのことを
「very hot man(激辛の男性)」と呼ぶようになりました。


一昨日、Vさんがいつものようにランチにいらっしゃり、カウンター席に座られました。
オーダーを取ったムツミは伝票に「counter/very hot man」とメモ書き。
これでラズさんもラムさんも、Vさんのオーダーだと分かります。
なのでオーダーを間違えること無く、お料理をお出しできました。


ところが帰り際、お会計の際にVさんとラムさんが
わははははーっっ
と二人で大笑いしてる。


ムツミのほうをちらっと見て、再び
わははははーっっ。


・・・・なんですか?
ムツミがどうかしましたか?
ムツミの顔に何かついてますか?


あとでラムさんに「なんでムツミの顔見て笑ってたのですか?」と聞いたら
「ムツミが伝票にCounter/very hot man」と書いてるのをVさんが気付いたんだよ!」と。



ん????
それで何故笑う?
何がおかしい???

えーっと・・・・





あっ!!!!!!!


very hot manって・・・・(汗)

英語でvery hot manって、
「ちょーイカした男」
「ちょーセクシーな男」
「ちょーハンサムな男」
って意味。

つまりムツミは伝票に「カウンター席のちょーセクシーな男」って書いてる・・・

あはっ。

そりゃ笑われて当然です。


っていうか、ラムさん、ちゃんと本当の意味を説明しておいてくださいましたよねぇ~??

ラムさ~ん(涙)
もしも~~~~~し!
[PR]
by everestr | 2009-07-15 16:55 | 日記